埼玉でおすすめしたい注文住宅はどのような特徴があるでしょうか。埼玉の気候は場所によっても異なりますが、最近はヒートアイランド現象によって夏場が暑くなっています。かつては35度を超える事がなかった埼玉でも35度を超える事が決して珍しくありません。また、その一方で、冬場は寒いのが特徴になります。冬場はマイナスになることも多く、最近では11月に雪が降ったりすることもあります。山間部であれば11月に雪が降ることはそれほど珍しくはないのですが、平野部で雪が降るのは珍しい現象なのです。一見温暖化の傾向が見られると思われがちですが、実際にはそれほど温暖化の傾向は見られていません。ただ、やはり夏は夏、冬は冬として過ごしやすい注文住宅にする必要があるでしょう。

断熱性を重視した注文住宅を建てる

注文住宅の中でも重要なのは、断熱性を重視した住宅になります。断熱性は冬場を重視した住宅の事です。断熱性が高いと、住宅としても優れていると言えます。なぜなら、それだけ隙間が少ない住宅だからです。隙間が少ないと言うことはそれだけ設計が難しくなります。ミリ単位で調整をしなければなりませんで、職人の腕が試される所です。断熱性を重視すると、室内の温度が外に逃げにくくなる特徴があります。室内の温度を外に逃がすようにすると、部屋の空気が寒くなって暖房代がかさんでしまいます。ですが、断熱性の優れた住宅と言うのは、室内の温度がわりと一定に保たれ、暖房をあまり使わずに済みます。建築費用が高くはなりますが、住み始めてから光熱費が余りかかりませんので、優れていると言えるでしょう。

夏の暑さを避けるつくりの注文住宅

注文住宅の中には、夏の暑さを避ける造りもあります。その一つが、遮熱性の優れた住宅になります。遮熱性の優れた住宅というのは、断熱性の優れた住宅とは逆になります。つまり、夏場に強い住宅です。夏場と言えば、埼玉県でも結構暑くなりますが、どうしてもエアコンがないと過ごすことができないところが多いのです。エアコンも一度かけてずっと涼しければいいですが、外の直射日光などが入ってくると、部屋の中が暑くなってしまうのです。直射日光を避ける設計にすることもできますが、今度は日当たりの悪い住宅になってしまい、どうしても問題が起きてしまうのです。そこで、直射日光が入ったとしても、外の気温を室内に伝えないようにすることが大事になります。これが遮熱の考え方です。そのような住宅も多く設計されています。